引っ越しには、色んな業者と関わりが必要。時には怪しい業者がまぎれることも

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 540

わたくしおかけんは、九州の事業から生まれ故郷の関西の事業所へ転勤となりました。

その時に引っ越しを行ったわけですが、引っ越しをするとなると家族で住んでいた家財道具を運んだり、家電の移設など、たくさんの業者さんと関りが必要となります。

エアコンだけでも、取り外し、取り付けと別々の業者さん、不用品の引き取り、水道、ガス、電気など色々。

引っ越し業者さんがすべて手配してくれると言っても、結局はそれぞれの業者さんとの打ち合わせが必要となります。

私の場合は、自分と子供の引っ越しの時期が重なったことで、余計にたくさんの業者さんと関わることとなりました。

あまりに業者さんとの連絡が多かったので、気付かなかったのですが、そのどさくさに紛れて、怪しい業者が紛れていました。

そのときにどのように対処したかについてご紹介します。

色んな業者との関りが多過ぎて、怪しい業者に気付かなかった

引っ越しとなると本当にたくさんの業者さんとのやり取りが多くなります。

まず、私の場合は引っ越し業者さんに相見積もりをとったので、その時点で数社の引っ越し業者さんとやり取りがありました。

その後、引っ越し業者さんを決めてから、運ぶ荷物の打ち合わせです。

家具に電化製品、車の陸送など。

これらは引っ越し業者さんが手配してくださるのですが、日にちや段取りの打ち合わせは自分で行う必要があります。

「エアコンはいつ取り外しに来て、いつ取り付けに来る」

「車の陸送は、いつ引き取りに来て、いつ引き渡す」

など、毎日、ひっきりなしに業者さんから立て続けに電話で連絡がありました。

その中で、少し変わった連絡がありました。

「引っ越し業者から依頼を受けて、ネットの移設をしますS社と言います。とりあえず、準備として今のネット回線を解約しておいてください」

その時は、あまりにたくさんの打ち合わせがあったので、気が付かなかったのですが、これが嘘の連絡だったのです。

「ネット回線の解約?」とちょっと気にかかっただけでそのまま放っておきました。

引っ越しが近づいてくると脅迫じみた態度で迫ってくる

それから引っ越し先も決まり、具体的な日にちが決まって行きました。

それまでは、引っ越しの期限は決まっていたものの具体的な日にちは何も決まっていませんでした。

その時期にまた、あの怪しいネット回線移設業者から電話がかかってきました。

いつものように「引っ越し業者から依頼を受けたS社です。ネット回線の解約は行ていただけましたか?」

私は、放っておいたのを思い出し、「いいえ。していませんけれど」と答えました。

するとS社は「早急に解約してください」と焦って言ってきました。

私は「なぜ、解約する必要があるのですか?移設の手続きすればいいじゃないですか」と答えました。

S社「それでは、キャンペーンの対象になりませんから解約してください」

私「何のキャンペーンですか?そんなもの頼んだ覚えはありませんが」

S社「そうやっていただかないと、我社が対応することができません」

私「じゃ、結構です。自分で手続きしますので、もう結構です」

S社「何を言ってるんですか!我社に任せないと何か月もかかってしまいますよ!それでもいいんですか!」

急に威圧的な態度になりました。おまけに

S社「そして、プロバイダーを解約してください。そこのプロバイダーは我社では扱っておりませので」

私「メールアドレスが変わると困るので、プロバイダーは変えません。今のプロバイダーで十分、満足していますので」

S社「何を言ってるんですか!我社が行わないと何か月も移設できないと言っているでしょう!!」

私「それでは、モバイルルータでもレンタルしてしのぎますから、もう結構です。結構ですので、もう電話を切ります」

S社「もう少しで終わりますので、もう少しだけそのままにしてください!」

私「もう結構ですので、何も聞くことはありませんが」

S社「これは引っ越し業者から依頼されたものですから、あとで手続きの案内をプロバイダー取次業者から連絡をします」

私「結構です!!」

これで、その時の電話は終わりました。

確認してみると引っ越し業者からの依頼ではなかった

その後、引っ越し業者の担当者に電話をかけ、「私は、ネットの移設までお願いしておりましたでしょうか?」

引っ越し業者「いいえ、それは聞いておりませんので、何も手続きはしておりませんが」

そうです。

私の引っ越しをどこかで聞きつけた怪しいプロバイダー斡旋業者が他の業者に紛れ込んでいたのでした。

電話番号とS社を調べてみると

Google先生にこのS社の電話番号と名前を聞いてみると、はい、出てきました。

どうやら、引っ越しする人ばかりを狙ってプロバイダーを乗り換えさせる悪徳業者のようです。

名誉のため、実名を載せますが、ネット上では「アート引越センターから情報が流れている」との情報が多かったですが、私はアート引越センターで見積もりはしていません。

おそらく、ネットから一括見積というサイトを使ったので、その中の業者から情報が行ったものと思われます。

その後、S社が切り換えを迫ってくる大手プロバイダーに「このような斡旋業者がいますが、御社はご存知でしょうか?」とメールをしました。

大手プロバイダーからは「ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。よく指導しておきます」との回答。

そして、その後は

S社が電話で強引に言った通り、プロバイダーの取次業者から2~3日、連続して電話がかかってきました。

取次業者「S社からの依頼で手続きの電話をしました」

私「S社さんには、お断りしましたが」

取次業者「でも、S社からはプロバイダーを切り替えられるとのことを聞いていますが」

私「そんなことを言った覚えはありません」と言って、後は何も聞かずに強引に電話を切りました。

それ以降、一切の連絡はありません。

今の世の中は、心無い一部の方たちに個人情報を売られてしまい、それを悪用しようとするこのような人間が存在します。

残念なことですが、こうしなければ生きていけなない方たちがいるのです。

毅然とした態度と意思をきっちり伝えていくように気を付けてください。

そして、私のネットの移設ですが、既存の回線を移設して、プロバイダーに住所変更の届を出すだけで、料金が高くなることもなく、何か月もかかることもなく、引っ越し日の翌日からインターネットに繋がっています。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです