小説『何者』が映画化、そのキャストのひとりに有村架純さん、音楽担当は中田ヤスタカさん

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 418

アラフィフ管理人のおかけんです。

小説『何者』は第148回直樹三十五賞受賞作の朝井リョウさんの小説です。

同名のタイトルで映画化され、間もなく公開予定です。

映画『何者』について

『何者』は、就職活動に励む5人の大学生の人間模様をリアルに表現した作品です。

表面上は仲良く装っている仲間同士が、他人の就職内定が気になってしようがない。仲間に妬みや嫉みのような感情を持ってしまう様子や自分自身に向き合えないことを言い訳で解決してしまおうという主人公の感情をリアルに表現された作品です。その主人公の真相を終盤に向かって追われています。

映画化にあたっては、主人公に佐藤健さん、その他に有村架純さん、二階堂ふみさん、菅田将暉さん、岡田将生さん、山田孝之さんなど、今が旬というべき人気の方々が勢ぞろいです。

また、音楽担当が中田ヤスタカさんです。中田ヤスタカさんといえば、Perfume やきゃりーぱみゅぱみゅさんのプロデューサーとして有名です。このような豪華キャストとスタッフを迎えた作品となっています。

そのキャストの中の有村架純さんですが、その人気の勢いは衰えることもなく「かわいすぎる旬な女優」とネット上でも騒がれています。

有村架純さんの女優としての魅力

1993年生まれの23歳ということで、私、アラフィフオヤジから見ましたら親子ほども年齢は離れているのですが、その愛くるしさ、綺麗な顔立ちと可愛らしさには魅力を感じずにはいられない女優さんです。

私が初めて有村架純さんを知ったのは、2010年放映のテレビドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策事件簿〜」の雅ちゃん役で、その頃はまだ世間での知名度はそんなに高くなかったようです。

その後、国民的大ヒットとなったNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクし、有名になったようで、世間では「出番は少ないけれど、今まで見たことのないあの可愛い女の子は誰?」と話題になり、一気に知名度が上がったそうです。

その後、高視聴率のテレビドラマに多数出演され、その知名度はどんどん上がって行きました。

さらに、映画「ストロボ・エッジ」では、人気の恋愛少女漫画の映画化の作品にダブル主演、またその後に出演された「ビリギャル」では大きな話題を集めました。

映画「ビリギャル」は、ノンフクション「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に合格した話」という書籍の映画化作品です。

とある中学校から大学校までエスカレーター式に上がれる学校に入学したさやかという主人公がクラスのおしゃれ集団と仲良くなり、勉強もせず遊ぶ日々が続き落ちこぼれになって行く。

挙げ句の果てには学校からクズ扱い。そんなさやかがある塾に入塾し、慶應義塾大学への入学を目指し、勉強して行くというストーリーです。

ノンフィクションということで、実在のモデルとなった小林さやかさんは原作の書籍のように中学生の時に家庭の不和などで非行化して無期停学を渡されるほどになったそうです。

しかし、塾講師の指導により慶應義塾大学の総合政策学部に現役入学されたそうです。卒業後はサービス業に従事する希望を抱き、ブライダル会社のプランナーに従事されているそうです。

この主役をこれまで、演じたことのないキャラクターで有村架純さんは演じられました。

それまでは、恋愛ものや清楚なイメージのものへの出演が多かっただけに、ギャルというイメージとはほど遠かったのですが、実際に映画を見るとピッタリと役にはまっておられ、さすが女優さんというその演技力の高さには脱帽です。

これが最も有村さんの知名度を上げた話題作品だったと思います。この作品で「第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞」を受賞されています。

また、「ビリギャル」、「ストロボ・エッヂ」での演技により第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞されています。

話題の携帯電話会社のCMにもかぐや姫の役として出演しておられます。モデルでもなく、女優らしくもないそのゆるりとして、時にはコミカルなキャラクターを数十秒という短い時間で表現されてる様は定評です。このCMからは、大ヒット曲も生まれましたが、有村さんのキャラクターもそれに負けない存在感があります。

有村架純さんの転機

上京2年目の19歳のときに知り合いの女性カメラマンに「覚悟が足りないんじゃないの?」と言われ、それが図星をついていたことから20歳には何かを変えなければならないと思いました。

その直後に「あまちゃん」の撮影があり、出番が少なくとも今までの自分と違う姿を見せるという決意で挑んだところ、前述のように知名度があがったそうです。

一方では、女優への思いは強く、常に自分ならこのように演技するということを意識しながら、ドラマや映画を見ているとのことで、その研究熱心さは有名です。自ら一度目標を持つと脇目を振らずに猛突進となり、「30歳には見ていて安心する芝居をしたい」と言われています。

このように愛くるしい見た目ではありますが、真面目で努力家な有村架純さん。これからも目が離せない女優さんの一人です。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです