もう年配だから。年齢を言い訳にせず常に勉強して、知的なオヤジになりましょう

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 832

先月、50歳を迎えましたアラフィフ管理人のおかけんです。
私も20代、30代の頃はそうだったように会社員であれば、50代ともなれば若い世代から馬鹿にされているなと感じることはありませんか?
20代、30代の方たちというのは、家庭も持って間もなく家を建てることや家族を養っていくことなど「これから」のことに必死です。

ですので、50代の人間が自分の経験に基づく知識を用いてアドバイスや注意などしても自分に対していいことがないと若さゆえの反発心からまともに受け入れようという余裕もなく、逆に馬鹿にしてしまうのです。

これは、決して悪いことではありません。誰もが同じようなことをしていた時期があるのではないでしょうか。それが、年齢を重ねて自分がそういう立場に変わってきただけです。

中には、貫禄があり部下や後輩の若い世代から尊敬されていると思われている方もおられ、実際にそうかも知れません。しかし、実態はそこまで尊敬されていることは稀です。これは、自分たちが若い世代だったときのことを思い起こせばわかると思います。

では、どうやったら50代としての経験や知識をもって威厳を保つことができるのでしょうか?

50代となるともう会社ではこのまま定年を迎えるか、役員となって定年後も会社に残るか、その方向がはっきり見えていると思います。

役員になって定年後も会社に残る方は、若い世代もそう低く見るようなことはありません。それは、その人のせいではありません。会社の役員ということでその看板を背負っていることから、良い関係を作っていこうと思われているだけです。

これを勘違いした方が肩書きを失った途端に周囲の態度が変わることに対応できなくなる方達です。

その一方で、役員になるわけでもなく中間管理職、もしくは平社員で終わることが見えている方についてです。これからのことに必死になって自分にいいことだけを求めている若い世代の人たちからすれば、会社の立場上での良好な関係など必要としないというわけです。

それが見下すような態度であったり、馬鹿にしているような態度につながるわけです。

これに対して、「ははは・・・」と笑って済ませられる方はそれで器の大きい素晴らしい方だと思います。

しかし、大半の方は、自分の長年の経験と知識を持ってアドバイスしているのにとやるせない気持ちになるのではないでしょうか。

そういうことをなくすにはどうすればいいのか。

それは、若い世代から一目置かれるくらいの知識を持っていればいいのです。

先に50代なりの経験と知識と述べていますが、実はその知識が古くなっているのです。ですので、最新の知識や情報を吸収するために勉強するのです。これはアラフィフ世代だからできることでもありますし、勉強をするのに年齢など関係ありません。

20代、30代の方達というのは前にも述べていますように、家を建てることや、子供の教育、将来のための計画などの生活のことで頭がいっぱいになっている状態です。かろうじて学生時代から年数があまり経っていないため、比較的新しい知識を持っているだけです。

一方、50代ともなると家庭を持ってから20年以上経っている方がほとんどでしょう。子供も大きくなりひと段落した状態で、中には孫がいる方もおられるかも知れません。生活に必死になる時期は過ぎています。

ですので、ここで一念奮起して仕事のことだけに限らず勉強しましょう。そして、いろんな新しい知識を吸収するのです。

知識はものすごい速さで進化しています。それに対応することが大切になります。

自分は大学でこんな研究を4年間もしてきた。なんとか学部の過程を習得している。大学院をでて修士を取得している。などと言われる方もおられると思います。

しかし、50代の方がその当時にされたことは今となっては何十年も前のことになっています。情報も知識も研究内容もやり方も現在においてはもう古いものなっているのです。

20年前には手書きで社内レポートを作成していたのが、今はパソコンになっています。電卓で計算して一覧表を作成していたのが、Excelで一瞬でできてしまうのです。それくらい進化しています。

50代の方が学生時代に勉強してきたことも今では古びた知識になっているものがたくさんあります。この知識を持ち出してアドバイスされても若い世代の方たちから尊敬されないのもわからなくもないと思いませんか。

ですので、最新の知識を勉強して身につけておくことが必要だと思うのです。誰も知らないような言葉や分析手法を持っていたら、50代であってもタダモノのオヤジではないと思いませんか

大学への進学率の上昇。勉強するのは今からでも遅すぎることはない。

大学の進学率は1980年では約20%であったのに対し、2013年では約50%となっています。その差は2.5倍です。

私たちアファフィフ世代では高卒で入社した人がほとんどであるのに対して、現在は半分以上の人が学卒という状況にあります。これによる学歴格差ということからも50代に対して若い世代が見下すということにつながっているのかも知れません。

かくいう私も高卒で社会に出、転職して今の会社にいるのですが。

以前、研究所勤務をしていたときに周囲が若い世代ばかりだったこともあり、その中で自分のしたいことができなかったことからこの学歴格差を感じました。

そして、私がとった行動はとにかく学卒の資格は必要と考え、一念奮起して通信制大学で学士の資格をとることとしました。41歳の時でした。

それから2年後、今の事業所に転勤となり自分の進みたい道への進路は閉ざされてしまったのですが。

その時に考えたたのが、やりたいことができない環境になった今、もうやめてしまうかということです。しかし、ここで学卒の知識をつけておくことは将来、自分がアラフィフオヤジとなった時にただのオヤジにならないために続けておいて方が良いと結論付けました。

そして4年間の履修を終え、卒業率30%の中に入って卒業した時は45歳でした。

学卒の資格をとった。だからと言って、会社から優遇されるということはありません。なんら扱いは変わっていません。

しかし、それは間違っていなかったと50歳になった今は思っています。その時につけた経営学やマーケティング、ロジスティクスなどの知識は十分に会社でも生かされているからです。

そして、若い世代の人にアドバイスする際に適切な的を得たことができるおかげで、平社員ながらも一目置かれている(自分で思っているだけかも知れませんが)からです。

そう考えると、私の場合は通信制大学という方法でしたが、他の方法でもアラフィフになってから勉強を始めることに遅いということはないと思います。むしろ、今からでもオススメします。

勉強するといってもどうすればいいのか

オススメは通信制の大学、放送大学、ビジネススクールなどです。

これだとカリキュラムがあり履修を自分で選択して単位をとっていくので進めやすいからです。

後で触れますが、自分で書籍や教材で勉強する場合、進めるペースやその成果の確認ができないなどのことから、モチベーションを下げてしまう可能性があります。

それに比べ、大学やスクールの場合は単位をとるための試験やレポートの提出など期限や判定などがありますので、継続する意志さえしっかりしていれば進めていくことができます。

あと、単位が取得できたとき、レポートが評価されたとき、達成感があります。それによりさらにやる気を起こさせるという効果もあります。

私の知り合いの40代の管理職の方は大学卒業後に入社されましたが、その後、勤めながら大学院に通い修士を取得し、その後も通信制の大学で勉強することを何校も繰り替えされています。それが最も自分が知識を習得しやすい方法だからだそうです。

もし、一念奮起して、大学、スクールに通えるならその方法をオススメします。

独自に書籍や教材で勉強していく場合は

学卒の方は学生時代にその要領はえておられると思います。

そうでない方、大学の教科書を入手して勉強するのがオススメです。

現在では、ネットで教科書を販売している大学もありますので、そこから購入することもできます。

また、通信制大学の場合、説明会があります。その説明会に参加するとサンプルとして前年度のカリキュラム表と課題集、レポート課題などがもらえる場合があります。それを見て興味のある科目の教科書を購入して、課題集に沿って行うと良いでしょう。

教科書は、意外なことに卒業生がAmazonに中古品を出品していたりします。新品でも購入できます。これを購入すると良いでしょう。

あとは、資格試験を受けるというのも一つの方法です。仕事で品質管理関係の仕事をしているなら「QC検定」を勉強して受ける。仕事に関係ないところで「行政書士」や「司法書士」など士業の資格を受けてみるなど、これらは一例です。

一見、会社の仕事に関係ないように思いますが、経営学に触れる部分や法律について学ぶので、以外と必要な知識がつきます。

あまりオススメしないのは、「4S(整理、整頓、清潔、清掃)の基礎」、『5S(4S+しつけ)」、「QCサークル」などのような職場改善みたいなことです。ある意味、意識のものですので勉強という意味では効果が薄いと思います。

あと、資格試験を勉強する場合、資格を取ることが目的にならないようにすることです。

あくまでその内容を知識として身につけないと意味がありません。よく資格を取るために短期間集中して取得はしたものの数ヶ月で内容はすっかり忘れてしまっている人がいます。

アラフィフの方に対して若い世代の人たちが見下すような態度というのは年功序列の時代が終わった現在では当たり前にあることです。

そうならないようにも年齢を言い訳にせず、まだまだ勉強を続けて、一目置かれるような知的なオヤジになりたいものです。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです