ベテラン会社員、できるビジネスマンは靴にこだわりを持ちましょう

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 421

アラフィフ管理人のおかけんです。昔からのことわざで「足元を見る」、「足元をすくわれる」などと言ったものがあります。この語源は足元を見て履いているものでその人の身分が分かったということから来ているそうです。

そのように古くから履物をみてその人のことを評価するということがなされています。

現在においての履物と言えば「」です。そして、現在においても意外と靴というものは人から見られており、その人を判断する習慣があります。

とあるベテラン芸人さんが新人芸人さんに対して「お前の靴きったないな。大丈夫か?」と初対面で言われたとの話を聞いたことがあります。第一印象を決めてしまうほど大切なアイテムだとも言えるのではないでしょうか。

そんな靴についてこだわりをも持つことについて考えていきたいと思います。

靴が与えるイメージについて

会社員の方はスーツで日々、仕事をしているという方が多いのではないでしょうか。私の場合は工場勤務ですので、普段はスーツを着ませんが。

ですが、アラフィフともなると取引先やお客様のところへ出かける機会も多くなっていると思います。そのようなときにクッタリして、汚れのついた靴を履いていたら相手の方はどう思われるでしょう?

高級なスーツをビシッと着ていても、靴がそれでは台無しになってしまうのではないでしょうか。こういうことは意外とありがちなのです。スーツやネクタイに気を使っても末端につける靴はおざなりになってしまうというのが現状です。

しかし、そのような末端の身につけるものだからこそ、手入れの行き届いたピカピカのものを身につけていると細かなところまで気持ちが行き届く人としてその信頼を得ることができるのかも知れません。

逆に手入れの行き届いていない靴を平気で履いていると「だらしない」、「不潔」などと悪い印象を与えかねません。

靴の手入れについて

靴にこだわるといっても高額な高級なものを購入する必要はありません。後ほど紹介いたしますが、ある程度の見栄えのするものをマメに手入れを行い、大切に扱うことの方が重要です。

私のようにたまにスーツを着て革靴を履くような方は、保管している間に汚れてしまうことがあります。普段からスーツを着ているような方々は日々の汚れや、かかとのすり減り、革のしわなど劣化に常に注意を払っておくべきです。

そのための手入れの方法については、アラフィフの方なら既にほとんどの方がご存じだと思いますが、今一度見直してみてください。

  1. まず靴の形を崩さないためにシューツリーを中に入れます。
  2. ホコリを取るために柔らかいブラシを全体にかけていきます。
  3. 以前の手入れで残ったワックスやクリームと一緒に汚れをローションを使って布で拭き落していきます。
  4. 更にクリームを隅々まで丁寧に塗っていきます。
  5. 最後に布を使ってピカピカになるまで磨きあげます。

この一連の作業を生活の一部に取り入れてしまうことをオススメします。毎日でなくとも、使用する頻度に応じてで良いでしょう。毎日履く方は毎日、私のようにたまにしか履かないのなら、保管状況に応じて。

もしくは、無心になって靴をピカピカに磨き上げるということを楽しんでしまうというのも一つです。

靴を磨く道具である、ブラシやクリームにこだわってみたり、自分のオリジナルの作業手順を編み出してみたりするのも楽しいのではないでしょうか。

いっそのこと趣味にしてしまうのもアリだと思います。ぜひ、ピカピカに磨き上げられた靴のことを想像して楽しみながらしてみてください。きっとハマってしまうと思います。

オススメの靴ブランド

高額な靴でなくともと言いましてもアラフィフともなるとある程度の見栄えのするものを身につけたいものです。ここでは、予算3万円以下で購入できるオススメの革靴を紹介します。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

純日本メーカーのヒロカワ製靴が素材にこだわり、伝統あるグッドイヤーウェルト製法を用い、職人が作り上げている逸品です。

PICCANTE(ピカンテ)

上質な革、ディティールにこだわり職人が仕上げた逸品です。縫製技術としてグッドイヤー製法を使用しており、機能的かつ独特な味わいのブランドです。オン・オフともに使えるそのデザインは飽きの来ないものです。

KLEMAN(クレマン)

フランスのシューズメーカーCLEON社が手掛けるブランドです。シンプルなデザインとコストパフォーマンスが特徴です。

REGAL(リーガル)

日本製靴社がアメリカのブラウン社と技術提携したブランドです。その知名度は非常に高く「迷ったらリーガル」と言われるほどです。日本人の足に合わせて作られており、履きやすいのが特徴です。

G.H.BASS(バス)

アメリカで創業された老舗シューズブランドです。世界で初めてローファーを作った会社として有名です。G.H.BASSのローファーは色あせることのない逸品として有名です。

アラフィフのビジネスアイテムとしての靴にこだわることで、できるビジネスマンをぜひ演出してみたいですね。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです