新垣結衣さん主演の秋のクールのドラマは「逃げるは恥だが役に立つ」。追記あり

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 439

アラフィフ管理人のおかけんです。

タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、この秋のクールのドラマです。

このドラマの主演は、なんと可憐で清楚なイメージでアラフィフの私たちを癒してくれるガッキーこと新垣結衣さんです。

新垣結衣さん主演ドラマの内容

タイトルからドラマのイメージは非常に想像しにくいですが、海野つなみさんの連載中の少女漫画が原作になっています。

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった女性が派遣切りにあい無職の身となってしまいます。

その後、求職して家事代行サービスの仕事につき、雇い主の男性と「就職としての結婚」を提案し、契約結婚をするというストーリーで、その二人がその後どうなっていくかというラブコメディです。この女性の役を新垣結衣さんがどのように原作を生かして演じられるかが楽しみです。

新垣結衣さんの女優さんとしての魅力

この新垣結衣さんの経歴ですが、2001年に女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションに応募されグランプリを獲得。

2005年春に『ニコラ』を卒業するまでに表紙に15回登場し、その回数は当時最大で、ニコラから「伝説の卒モ」と称されています。卒業後は、女優さん、モデル、歌手、声優さんまで幅広く活躍されています。

その中でも最も皆さんの印象としては女優さんとしてのドラマや映画、CMへの出演だと思います。しかし、意外なところでも活躍されています。

2008年に第6回東京ガールスコレクションで「BEST GIRL OF 2007」を受賞、グランプリに輝いています。

第58回NHN紅白歌合戦のゲスト審査員、第54回輝く!レコード大賞の司会もされてます。

もちろん、女優さんとしてテレビドラマや映画での活躍が主に目立っています。私の印象に残っているテレビドラマに2009年に放映された「スマイル」があります。

このドラマで、新垣さんはフィリピン人の父と、日本人の母の間に生まれたというコンプレックスを持った主人公のマドンナ役として出演されていました。

ある理由から失声症となった少女の役で、口パク、ジェスチャー、筆談などで言葉を伝えていき、自分の感情を表現したりアプローチをかけたりという役柄を見事に演じておられました。

この難役で、第61回「ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」を受賞しています。本当に可愛らしいという印象のキャラクターでした。

その反面、映画「空飛ぶ広報室」では、テレビのニュース番組のディレクター役として、全く違う気の強い女性というキャラクターを演じられています。

新垣さん演じる稲葉リカは、テレビのニュース番組のディレクターであり元報道記者であったことから、航空自衛隊広報室のアテンド役を命じら、出入りするようになります。

しかし、リカは勝気で上昇志向が高く、不本意な異動に不満を覚えている上に自衛隊嫌いということで衝突を起こしてしまうという、気が強く生意気な気質の役柄を見事に演じられています。

この作品は原作の有川浩さんの同名小説を事前に読んでいたこともあり、それがどのようにドラマ化されるのか楽しみでしたが、新垣さんが主演されたことで、それが上手く生かされたと思っています。

実は人見知りで内気な新垣結衣さん

歌手としても2007年にデビューされています。

歌番組のテレビ出演を経て、アルバム「そら」でCDデビューをし、年末には日本武道館でデビューイベント「デビューアルバム”そら”発売記念!」を開催しています。

しかし残念ながらその後「恋するマドリ」で本格的に歌手活動を始めた新垣さんは会見の際に「自信がないので聞かないで」と公言。それから歌手活動はピタリとやめられてしまいました。

CMでは、その明るいキャラクターを見せている新垣さんですが、実は人見知りとのことです。

人見知りだけではなく、「自分に自信がない」、「ネガティブ」、「根暗」と語られています。とあるバラエティ番組に出演した際には、「上手く話せなくてすみません」など、「すみません」というワードを何度も連呼されていたようです。

その反面、人に頼られる存在でもあるようで、周りの人が悩んでいたら相談役をかって出るそうです。

中学時代にバスケット部のマネージャーだった新垣さんは部員の悩みを聞く存在だったらしく、現在でもいろんな人の相談にのっているということらしいです。人の相談にのるというのはそれなりに労力が必要です。仕事が忙しい中、そのような役をかってでるところに優しい人柄が出ています。

このような新垣結衣さん、女優さんの中でも特に透き通った感じが強く、清楚で可憐なイメージで、これからもドラマやCMなどで活躍していただき、ほっと一息ついた時にメディアを通して、アラフィフを癒してくれるような存在でいて欲しいものです。

追記

この記事を投稿したのはテレビドラマ「逃げ恥」が始まる前でした。

ドラマは秋のクールの中で最も視聴率が高く大ヒットしました。新垣結衣さんの魅力が全面に押し出され、「ムズキュン」という言葉も生まれ、それがドラマの人気のもとになりましたね。

エンディングテーマに出演者の方が踊られる「恋ダンス」は社会現象までも起こすようになりました。

ここまでテレビドラマがヒットするのは何年かぶりとのことです。

共演者の方々も素晴らしかったですが、さすがに新垣さんの魅力は衰えることを知りませんね。

ぜひ、今後も私たちを惹きつけるような演技、キャラクターでその魅力を見せていただきたいですね。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです