老眼鏡でアラフィフの宿命の「老眼」も楽しみにしてしまう

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 418

アラフィフ管理人のおかけんです。

アラフィフともなるとどうしても避けられない体の衰えが出てきます。

頑張ったり、鍛えたりすることで体力を増強することはできます。しかし、20代、30代の頃とは同じようにはいきませんよね。

体のエイジングはどうしても避けられないものです。その中のひとつに老眼があります。おそらく、アラフィフではほとんどの方が老眼ではないでしょうか?

私もその一人です。

老眼の症状とチェック方法

一般的に老眼と呼ばれる加齢による目の障害で「老視」が正式名称です。

加齢により目の中にある水晶体と呼ばれるレンズの働きをする組織の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせるのが遅くなったり、できなくなってきます。

40代から60代で自覚する人が多いようですが、実際には20代から徐々に調整力の減少は始まっているらしいです。

老眼の症状は遠方が見える状態でありながら、近距離の細かい文字や小物などがにじんで見えたり、チラついて見えたりします。

また、パソコンやスマホの画面や読書など、近距離のものを長時間見ていた後に遠方を見ようとしても即座にピントが合わず、見辛いといった症状があります。

他には、比較的に明るい場所ではそれなりに近い距離のものも見えるが、暗い場所では遠距離のものも見えにくくなったり、近距離の場合はさらに見えにくい状態が強くなることもあるようです。

チェック方法

何となく老眼の始まりを感じた時にチェックする項目を以下に掲げてみました。このような症状が多くあると老眼が進んでいる可能性があります。

・本や新聞などが読みずらく、離さないと読めない。

・何となく、霞がかかったように見える。

・明るいところから、暗いところへ移動した時、目が慣れるまで時間が掛かる。

・ふと遠くに視線を変えた時にすぐにピントが合わない。

・光や明かりなどが以前よりやけに眩しく感じる。

・頭痛、首や肩こりが頻繁に起こるようになった。

・細かな手作業がつらく感じる。

・夕方になると、物や景色が見えにくくなる。

このようなチェックポイントと同じような症状のある方は老眼が進んでいると思われます。

ちなみに私は全ての項目が当てはまります。はっきりいって老眼ですね。

老眼による眼精疲労と予防するための生活習慣

老眼による目の調節異常でピントが合わないため、目が疲れて眼精疲労の原因になります。眼精疲労の症状としては、頭痛、肩こり、吐き気、疲れ目、かすみ、充血などがあります。

このような症状を緩和するためには、生活に予納する習慣を取り入れることが必要となります。

・人の目は遠くを見ている時にリラックスした状態になるので、ぼんやり遠くを見て目を休める。

・日差しが強い時には眩しいことで目に力が入るので、暗いサングラスをかける。

・パソコンやスマホを見過ぎないように注意する。普通に目が疲れるので。また、見る時には意識して瞬きをする。

これらを習慣として取り入れることで、眼精疲労の緩和につなげることができます。

老眼鏡による矯正

加齢による目の調整力が弱くなった老眼は、多少の回復ははかれるものの元どおりに回復するのはほぼ不可能です。ですので、各人の症状にあった老眼鏡で視界を矯正するのが一般的です。

ここでは老眼鏡の種類について記載します。

単焦点レンズ

ひとつの目的距離のみを見たい場合に適正に調整された単一度数のレンズの近距離用眼鏡。

両用レンズ

複数の目的距離を見たい場合にひとつのレンズに異なる度数の部分を作ったレンズの眼鏡。遠近両用、中近両用などがある。

塁審レンズ

1枚のレンズ上で異なる目的距離に合わせた異なる度数を持った部分を作り、その間を徐々に度数が変化する面で結んだレンズの総称。

度数の変化が遠近・中近などと多重焦点のような段階でなく、累進レンズと呼ばれる。一般には、境目のない両用レンズと呼ばれることが多い。

個々の使用用途や目的に合わせて老眼鏡の種類を選択するのが最も一般的な矯正方法です。

老眼鏡の選択について

老眼鏡は100円ショップでも売られています。だったら安価なものでいいんではないのと思いますが、そうではありません。

100円ショップに売っているものは度数が固定なんです。

人によって、老眼になる前の状態は違います。ですので、度数の固定された100円ショップのものがきちんと合うことは難しいのです。それを日常的に使うのはあまり良いとは言えません。

使うのは居間や台所、寝室などにおいて一時的に必要な時に使用するという方法がベストかと思います。

老眼鏡を選択する時は眼科医で検査してもらた上で、処方してもらいきちんと合ったレンズのものを購入するのがオススメです。

老眼はアラフィフになるとほとんどの方が避けられないものでもあります。

今では、何千種類という眼鏡フレームが世の中に売られており、それらに自分に合ったレンズを装着することが可能です。

自分なりのおしゃれな老眼鏡を作って、アラフィフの宿命、老眼も楽しんでしまいましょう。

スポンサーリンク
ランキング今何位?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

よろしければシェアお願いします

フォローしてもらえたら嬉しいです